いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

今の時代は愛犬と賃貸生活

時代の変化は、色々なところで出てくるようです。
それは賃貸物件に関しても当てはまると言えるでしょう。
かつてであれば、賃貸物件で、犬を飼うことはできませんでした。
仮に飼えるとしても、古い物件であったり、あるいは、オーナーが特別許可をした場合などのようです。
言ってしまえば、稀な状況でした。
ところが、今では、新築でも飼うことができ、なおかつ、ペットが飼える物件を専門で仲介する不動産会社もあります。
時代の変化も、著しいと言えるでしょう。
これは、動物愛護が広まった、という見方もあるかもしれませんが、それ以上に、ペットブームを挙げることができるでしょう。
もう一つは、少子高齢化もあるようです。
むしろ、少子高齢化が、ペットを飼う人を増やしたとも言えるようです。
現在、子供を持つ代わりに、ペットを飼う夫婦も多いようで、外国メディアなどでも、日本の現状として、報道されています。
経済的な問題もあり、なおかつ、子供を持つことに対する価値観も、かつてとは変わったのでしょう。
あるいは、家族そのものへの見方も、以前とは異なり、時代の変化は、人の価値観の変えてしまうようです。
いずれにせよ、犬と暮らせる賃貸物件が増えたことは、犬好きにとっては、喜ばしい限りです。
しかし、犬を飼うと言うことは、飼い主としての責任が伴います。
これは、賃貸物件で暮らす以前のことでもあります。
かつてよりは、減少しているとはいえ、今でも、捨てられた犬などが、保健所に引き取られています。
あるいは、飼い主自ら保健所へ連れて行くこともあるようです。
犬がファミリーの一員と化している一方で、飼い主の責任放棄があることもまた、事実のようです。
さらに、賃貸物件であれば、犬が暴れ、部屋を汚したりすれば、敷金でもって、修繕費を充当する傾向にあります。
もっとも、犬だけでなく、入居者自身が汚したりすれば、敷金あ割り当てられます。
それに関しては、争いが生じやすく、国土交通省では、現状回復ガイドラインとして、ホームページで公開しています。
修繕の範囲を示したものであり、賃借人であれば、一読する価値があるでしょう。
けれども、犬を飼うのであれば、敷金が高めにある傾向は否めない事実のようです。
これについては、重々承知しておくべきでしょう。
このサイトでは、犬と賃貸で暮らすことを取り上げています。
できるだけ、平易な言葉で、重要点をまとめています。
Copyright (C)2016いよいよ賃貸契約その前に!〜退去時の条件把握してますか?〜.All rights reserved.